"

つまり、“障害者”というのは、「依存先が限られてしまっている人たち」のこと。健常者は何にも頼らずに自立していて、障害者はいろいろなものに頼らないと生きていけない人だと勘違いされている。けれども真実は逆で、健常者はさまざまなものに依存できていて、障害者は限られたものにしか依存できていない。依存先を増やして、一つひとつへの依存度を浅くすると、何にも依存してないかのように錯覚できます。“健常者である”というのはまさにそういうことなのです。世の中のほとんどのものが健常者向けにデザインされていて、その便利さに依存していることを忘れているわけです。

 実は膨大なものに依存しているのに、「私は何にも依存していない」と感じられる状態こそが、“自立”といわれる状態なのだろうと思います。だから、自立を目指すなら、むしろ依存先を増やさないといけない。障害者の多くは親か施設しか頼るものがなく、依存先が集中している状態です。

"

自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うこと (via otsune)

(yotta1000から)

nkym:

Photo by nagumonu • Instagram

nkym:

Photo by nagumonu • Instagram

(uinyanから)

(元記事: img.ffffound.com (yotta1000から))

(元記事: mizunoshizu (yotta1000から))

mlktoscl:

 

mlktoscl:

 

(yotta1000から)

gkojax:

【乃木坂46】wktkラヂオ学園に出たまっつんがかわええ : 乃木坂46まとめブログ~2014年も上り坂~

gkojax:

【乃木坂46】wktkラヂオ学園に出たまっつんがかわええ : 乃木坂46まとめブログ~2014年も上り坂~

(nyanpiyopiyoから)

"かなやゆうきさん(五歳)
 
うちゅうのなかの
ちきゅうのなかの
にほんのなかの
ほっかいどうのなかの
いしかりちほうのなかの
さっぽろしのなかの
きよたくのなかの
しんえいのなかの
おうちのなかの
ゆうきのなかの
こころのなかがある"

こども詩/ポエトリージャパン (via inujita, phac) (via highlandvalley) (via gyoukancrawl) (via nyanpiyopiyo)

wfsp:

虹裏 may アイカツスレ

wfsp:

虹裏 may アイカツスレ

(uinyanから)

thesalondiary:

THE SALON facebook

”美しい人:節子・クロソフスカ=ド=ローラ”

ミラノコレクションでごったがえす深夜のホテルのラウンジ。

そこに現れた着物姿の小柄な女性。彼女が歩くと、まるで海をわけるかのように人々が彼女のために道を開けます。

その凛とした美しさにモデルたちも彼女に敬意を払います。

節子・クロソフスカ=ド=ローラ伯爵夫人(Setsuko Klossowska de Rola)。

画家であり随筆家、ユネスコ平和アーティストであり、バルテュス財団の名誉会長を努めるこの女性。

「20世紀最後の巨匠」と言われる画家バルテュスの最愛の人。

日本の心を愛し、バルテュス氏を心身ともに支え続けた女性。

”私はバルテュスに誘拐されたようなものです”

そう語る節子さんが、バルテュス氏に出会ったのは20歳の時。

”節子を一目見たとき、私が憧れていた日本の形がその姿のうちに秘められているのがわかった(バルテュス氏)”

出会って5年後、二人は結婚。

結婚後は、バルテュス氏が館長を努めるアカデミー・ド・フランスのあるローマで15年暮らし、

その後、現在のお住まいであるスイスのグラン・シャレ(スイス最大の木造建築物です)

節子さんは、バルテュス氏の強い希望があり常に着物で過ごし、彼自身も着物を愛用していたそうです。

お二人で着物姿の写真があるのですが、とてもお似合いで、全く違和感がありません。

節子さんが画を始めたのは、バルテュス氏の存在があったからこそ。

”私はバルテュスという人間と、彼が作る作品を愛しました。美しい作品を生むためには何でも受け入れることができる、

という気持ちがあったことが、長く続く基盤になったのです。”

25歳で嫁ぎ、長年ヨーロッパで暮らしてきた節子さん。

その中で、いつも優雅に美しく日本の文化を大切にしてきました。

そんな彼女の生み出す作品も、美しく女性的であり知性に溢れています。

今年の4月から、ご自身の展示会とバルテュスの大回顧展が日本でも開催されるので、

ぜひこの機会に訪れてみたいです。

WWW.THESALON.JP

THE SALON facebook

(yotta1000から)

thesalondiary:

THE SALON facebook

”美しい人:節子・クロソフスカ=ド=ローラ”

ミラノコレクションでごったがえす深夜のホテルのラウンジ。

そこに現れた着物姿の小柄な女性。彼女が歩くと、まるで海をわけるかのように人々が彼女のために道を開けます。

その凛とした美しさにモデルたちも彼女に敬意を払います。

節子・クロソフスカ=ド=ローラ伯爵夫人(Setsuko Klossowska de Rola)。

画家であり随筆家、ユネスコ平和アーティストであり、バルテュス財団の名誉会長を努めるこの女性。

「20世紀最後の巨匠」と言われる画家バルテュスの最愛の人。

日本の心を愛し、バルテュス氏を心身ともに支え続けた女性。

”私はバルテュスに誘拐されたようなものです”

そう語る節子さんが、バルテュス氏に出会ったのは20歳の時。

”節子を一目見たとき、私が憧れていた日本の形がその姿のうちに秘められているのがわかった(バルテュス氏)”

出会って5年後、二人は結婚。

結婚後は、バルテュス氏が館長を努めるアカデミー・ド・フランスのあるローマで15年暮らし、

その後、現在のお住まいであるスイスのグラン・シャレ(スイス最大の木造建築物です)

節子さんは、バルテュス氏の強い希望があり常に着物で過ごし、彼自身も着物を愛用していたそうです。

お二人で着物姿の写真があるのですが、とてもお似合いで、全く違和感がありません。

節子さんが画を始めたのは、バルテュス氏の存在があったからこそ。

”私はバルテュスという人間と、彼が作る作品を愛しました。美しい作品を生むためには何でも受け入れることができる、

という気持ちがあったことが、長く続く基盤になったのです。”

25歳で嫁ぎ、長年ヨーロッパで暮らしてきた節子さん。

その中で、いつも優雅に美しく日本の文化を大切にしてきました。

そんな彼女の生み出す作品も、美しく女性的であり知性に溢れています。

今年の4月から、ご自身の展示会とバルテュスの大回顧展が日本でも開催されるので、

ぜひこの機会に訪れてみたいです。

WWW.THESALON.JP

THE SALON facebook

(yotta1000から)